Movie Box

アクセスカウンタ

zoom RSS モスキート・コースト/リバー・フェニックスを偲ぶ 2 

<<   作成日時 : 2008/03/25 05:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

<ストーリー>
アメリカの管理された文明社会を嫌悪する発明家のアリー・フォックスは、家族を引き連れ、中米ホンジュラスの聖なる密林“モスキート・コースト”へ移住します。
何も無い地に理想の生活を築き上げようとするアリーと、大自然で
生きる家族の苦闘を描いた冒険ドラマです。



画像


ポール・セローが1982年に発表した小説を原作として、制作された1986年のアメリカ映画です。
ハリソン・フォードリバー・フェニックスが親子役で共演して話題となりました。


<印象的なセリフ>
「父を信じていた頃、世界は小さく、老いたものに思えた。
  父が死んだ今、僕は父を愛することを恐れず・・・世界は限りなく広い」


文明を嫌悪し、独善的な父親に翻弄される中で、父親を愛し、尊敬していた長男が、次第に失望していく様子をリバーが好演しています

<コーヒーブレイク>

父親役のハリソン・フォードは、俳優デビュー後の不遇時代、腕のいい大工として知られていました。
現在は、飛行機とヘリコプターのライセンスを持ち、ワイオミング州ジャクソンホールに800エーカー(3.2km2)の農場を所有しています。
飛行機の操縦を好み、自ら飛行機を操縦して来日したり、過去にヘリコプターや飛行機で人命救助を行い、『インディ・ジョーンズばりの私生活』と話題になったこともあります。
気に入った映画の脚本がない場合は、仕事をせず、山奥でのんびりと過ごすことでも有名です。

長男役のリバー・フェニックスは、『モスキート・コースト』『旅立ちの時』で共演した
マーサ・プリンプトン
と交際していました。(↓のフォト参照)

画像


家族はリバーを含め、全員が厳格なベジタリアン(ヴィーガン)だったため、動物を食べることが間違いだと強く信じており、マーサがレストランでクラブ・サンドを注文した時、リヴァーは失望のあまり、泣き出してしまったというエピソードも残されています。
また、プライベートでも、よき相談相手だったようで、『子役からどう脱皮するのか』お互いに悩みながらの破局だったようです。

「リヴァーは天使なんかじゃないのよ。ただの普通の男の子だったの。
彼の死を慰めなんかにしたくないわ。すごく怒っているわ。
彼がダメになる手助けをした人やリヴァー自身に対しても・・・。」
                                 マーサ・プリンプトン

画像


マーサの他にも、2人の女性が深く、関与しています。
そのうちの1人は、スザンヌ・ソルゴット
デトロイト出身の女性で、リヴァーが住んでいたケインズ・ヴィルで音楽を通して知り合います。
彼女自身も地元の店でボーカルとして歌っていました。
リヴァーと暮らしていた時期もあり、内緒でニューヨークにいるマーサに電話をしているリヴァーに苦悩するなど、彼の弱い部分も知っており、彼を立ち直らせようとした献身的女性だったようです。

「初めて会った時、すごく、かわいくて優しい人だった。
でも、きっとプレッシャーが大き過ぎたのね。
子供時代が余りにも世間と違っていたから、皆がやっていることを全部、やってみたかったのかもしれない。
大きくなって、俗世間を知ってしまったことが返って彼に苦しみを与えたのかもしれない。」
                                 スザンヌ・ソルゴット

画像


そして、もう1人は、サマンサ・マシス
リヴァーが亡くなった時、弟のホアキンと共にデッパールームに居た女性として、記憶している方も多いかもしれません。
『愛と呼ばれるもの』の撮影時からリヴァーは、熱いモーションをかけていたそうで、最後の彼女として有名になりました。

「彼はとても繊細な人でした。          
誰に対しても同情心が多すぎて・・・それが彼の重荷になってしまったのでしょう。」
                                      サマンサ・マシス
         
画像



おススメ度 ★★★☆☆

アメリカ特有の開拓精神を洞察しており、奥深く、色々と考えさせられる映画です。

画像


自分の信念を貫こうとするがために、家族を翻弄し、家庭崩壊の危機まで招いてしまう父親ですが、いざという時には、自らの命を顧みず、家族を守ろうとする姿に自分の父親の影を重ねてしまいました。

画像


それにしても、リバー、カッコよ過ぎます。



画像
  



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リバー・フェニックス(RiverPhoenix)
リバー・フェニックスなら「ジミーさよならのキスもしてくれない」が一番好きかな!   ...続きを見る
映画が好き!
2008/08/03 08:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
最期の画像は映画のどのシーンのものでしょうか。

通りすがり
2010/03/26 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
モスキート・コースト/リバー・フェニックスを偲ぶ 2  Movie Box/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる