Movie Box

アクセスカウンタ

zoom RSS リバティーン/ジョニー・デップの演技が光る作品 (動画あり)

<<   作成日時 : 2008/04/02 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<ストーリー>
17世紀―自由にそしてエネルギッシュに生き、33歳という若さでこの世を去った、放蕩詩人のジョン・ウィルモット(別名 第2代ロチェスター伯爵)の生涯を描いています。


画像


2004年のイギリス製作映画。
ジョン・ウィルモットが唯一愛した女優エリザベス・バリーとの関係に視点が置かれています。
舞台でジョン・ウィルモットを演じていたジョン・マルコビッチが映画化を熱望し、待望の映画化となりました。(本作では、王国チャールズ2世を演じています)


<印象的なセリフ>
「自腹を切らねば、人生は学べない」

「君を嫌う客など無視することだ。
私の経験からすると嫌う理由は無知か嫉妬。無知な者は、5年で君を好きになる。」

「隠しておくべき恋の炎が、今にも表れそうなのです。
女は不意打ちが大好き。突然の恋を尊びます。でも、男は違う。
手に入りにくいものをありがたがる。手に入れるまでの苦労を競うのです。」

「情熱を感じたことは?」     
         「ベッドで情熱を偽ることはできます。」
         「偽りは、舞台の大敵だ。」
         「昨日の400人の嘲笑こそ、大敵だわ。」
         「それに負けて、偽りに甘んじるのか」
   
「俺は君を作り物ではなく、真の女優に育てたい。
だが、教えるには歩み寄ってくれないと。」

「感動したいんだ。実人生に何も感じないから。芝居で心を動かされたい。
人生には、何の意味もない。人の行動には何の力もない。
しかし、芝居小屋では、善悪すべての行為に結果がついてくる。
ハンカチ1枚の苦悩をもたらす。芝居は俺にとって、唯一の薬だ。
重病には、最高の良薬がいる。」

「女は男を疑ってかかれ。」

「魂は輝きがある。」

「男は、一生に3度 恋をする。初恋の人。結婚相手。死の床の花嫁。
屍衣の匂いがする女。」

「いつぞや、瞳が輝いてたのは彼女のため?」

「人の理性を奪う物は?」
 「例えば…悲しみ、酒、愛」

「君の愛から逃げるのは、やめた。俺の心を試してくれ。本気を証明する。」

「今日は最悪の出来。励ましが欲しくて、あなたのことばかり。
不公平な関係だわ。私ばかりに多くを求めて、私の小さな才能に磨きをかけたけど、あなたの大きな才能は捨ててしまう。」

「愛人生活に嫌気が差したんじゃない。あなたに飽きたの。
私は、誰の奥さんにもなる気はないわ。私は私であり続ける。
不実な愛より、確かな栄光を選んだの。」

「許さないぞ。生きる喜びなど教えて。」
 「あなたは、生きる手段を教え、私は人生そのものを教えた。」






<コーヒーブレイク>
ジョン・ウィルモットは、王政復古時代のイギリス貴族で宮廷詩人でした。

画像


ロンドンに出ては、大酒と放蕩に身を持ち崩し、田舎にある領地にもどって、妻子と団欒を過ごす、というライフスタイルだったようです。

好き嫌いがハッキリ分かれてしまいそうな個性的な作品でした。
ジョニー・デップの迫真の演技には痺れました。
官能的な世界をベースに反逆的だったジョンが、病を患ったことを機に改心していく様子は、チャールズ2世の「反抗は誰にでも出来て、愉快なものだ。だが人間、いつかは何かを肯定せねば」の言葉と結びつくような気がしました。

バラ疹が顔面に現れたり、鼻がとれないよう装具で固定したり、目は白く濁っていたり、失禁したりと…梅毒が悪化した状態を忠実に再現されていて驚きました。

最期を悟ったジョニーは、一度は見捨てた妻のエリザベスの邸宅へと戻ります。
変わり果てたジョニーの頬を両手で包み込み、口付けする姿は、エリザベスのジョニーへの愛そのもので、その愛は無償で計り知れず、個人的には、1番、見どころのあるシーンでした。

病床で、彼は「私は、あの醜怪な人間に生まれてしまった。もし、生まれ変われるなら犬か猿、人間以外なら何でも良い。今までの卑猥な作品と手紙を焼却すべし。」と遺言を残したといわれています。

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』では、メアリー・スチュワートを好演していたサマンサ・モートンが女優のバリー役として出演しています。



おススメ度 ★★☆☆☆




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リバティーン/ジョニー・デップの演技が光る作品 (動画あり) Movie Box/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる